水につけ置き

美味しいご飯を食べよう!  良いお米、玄米を入手

tukeoki.jpg最低30分以上は水に漬けておいてお米の芯まで吸水させる。

さて、お米を研いだら、次に水につけておきます。 

お米を炊く作業、これは

「お米中の細胞の、でんぷん内隅々にまで水を浸透」させ、加熱を行い、

「サラサラでんぷん」を「ねばねばでんぷん」へ変化させることなんです。

そのため、あらかじめ事前に水につけ置きし、お米の芯まで水をしみこませます。

その時間、最低30分、できれば2時間以上。

朝、精米して水につけておいて、夕方炊いても良いでしょう。

朝から夕方までおいた場合は、炊飯前に一度水をきれいなものに替えます。

もちろん、つけ置きのときの水は、竹炭でつくった水で、つけておく際にも、竹炭を入れておくと、おいしい水がお米にしみこんでいきます。

お米に水がしっかりしみこんだら、半透明の乳白色だったお米が、真っ白になります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA